一枝会について

ごあいさつ

 第二次世界大戦で日本が降伏したとき、中国の満州、朝鮮などから、数多くの民間人が苦難の中を日本に引き揚げてきました。私の両親は戦後社会の困窮の中で結婚し、私達三人の兄弟を授かり教育の機会を与え、社会人になるまで立派に育ててくれました。私たち兄弟は、今は亡き両親に心から感謝しています。そしてその感謝を、次の世代へと伝えたいのです。

 私達の青春時代は、海外旅行できる機会でさえ限られたものでした。社会人になって、仕事で世界の国々を訪問する機会が幾度もありました。それらの経験は日本という国のすばらしさを発見する得難い機会でした。こんな経験から若い世代に海外体験をしてその中で改めて私たちの祖国日本を見て欲しいと思うのです。

 国際化の時代、世界に誇れる歴史を持つこの国に生まれ、日本人として、社会人として活躍しようとしているあなたに、この「行ってみ!チャレンジ」を海外体験のきっかけにして欲しいのです。